プレー料金が安くなるメリット

ゴルフ用品

渋谷日向子や鈴木愛などの活躍で盛り上がる女子ゴルフの世界ですが、男子プロにもう一つの盛り上がりがないのが残念と言う声が聞こえて来ます。またアマチュアゴルフでも一時の不人気を脱出したようで、各地のゴルフ場にも活気がみられるまでになりました。しかし、以前として残る問題がプレー料金と言われます。ゴルフ場は不思議なもので、平日と休日にでは料金が違っていることが多く、不公平感を持つ人も多くいます。休日しか休みを取れない人のプレー料金は高くなり、平日休みの取れる人が安い料金でプレーすることが可能となります。ゴルフ場の考え方もあるのでしょうが、一部の人には不満が溜まる料金設定になっていることは間違いありません。そんな時取得しておくと便利なものが、ゴルフ会員権です。多くのゴルフ場は会員制を用いている所が多く、地元でゴルフを習慣的に行う人などが持つことが多くなっています。会員制のゴルフ場でプレー出来る権利を買うことで、会員以外の人と比較するとかなりの割安料金でプレーが出来ることになります。またプレー予約に関しても、会員以外の人より優先的に予約が可能となっており、休日にも優先的に予約が取れることが多くなっています。またゴルフ場が開催する競技会への参加も可能になり、オフシャルハンデと言う個人的に認められるハンデをもらうことも可能です。このハンデがあることで実力を示すことが出来、ゴルフコンペの組み合わせなどに利用されることになります。会員権は実力を示すことが出来る大事なものとも言えるのでしょう。

プレー上達に役立つ

グラフ

ゴルフ場とは不思議な所で、平日のプレー料金と休日のプレー料金が倍近くも違うことがあります。最近の傾向としてプレー料金安くなったと言われますが、倍近くの料金になると割高に感じることになり、行ってみたいけれど行くことが出来ないと言う有名ゴルフ場も多いと思われます。しかしこれら有名ゴルフ場でも会員権を持った人ならば、休日でも平日同様の料金でプレーが出来る特権が生まれます。このゴルフ会員権もバブル崩壊以前は高額で売買されたものですが、不景気と客足の減少からかなり安くなり、庶民にも手の届く価格になって来ています。ゴルフ会員権を持つメリットは、公式なハンデがもらえることですが、それ以外にも多く特権が得られます。基本的にゴルフは一人でプレーすることはありませんが、一人きりでゴルフ場へ行っても、仲間を紹介してもらえ、コースを回ることが出来ます。休日に一緒にプレーする仲間探しをする必要がない、気楽さが生まれます。月例などの競技会に出ることが出来、プレーの上達に役立つことが多くなります。いろいろな配慮がされることになるのも、ゴルフ会員権の特徴と言えるのでしょう。

広告募集中