HOME>トピックス>どのような制度か、メリット、デメリットは

どういう制度か

電卓

くりっく株365は東京金融取引所が運営する株価指数取引です。日本やドイツ、イギリスの株価に連動する、株価指数の上がり下がりを予想してトレードする、金融商品です。日本は日経225、ドイツはDAX、イギリスはFTSEという呼び名です。

始め方とメリット、デメリット

くりっく株365を取り扱っている証券会社に口座を解説して、入金したのち、取引可能になります。入金した金額以上の取引が可能となる商品なので、想定以上のリスクを負う可能性があり、元本の保証もありません。取引可能時間は長く、帰宅後に取引ということも可能になります。上場されている企業株価に連動する株価指数であるため、上場廃止などの株券が紙切れになる、というリスクは避けられます。企業の個別の業績は予想できなくても、日本経済の方向性は予想できる、という人には向いているかもしれません。

税金について

くりっく株365は、個別株価を予想しなくていいので、予想しやすいというメリットはありますが、個別株の場合、株主優待がある企業などは優待を期待して保有し続けるという戦略もとれます。また、一般的な株式投資は税制上、NISAなどの税金の軽減措置が取られますが、くりっく株365は利益が出ても雑所得として扱われるため、一般的な株式投資よりも、税制上不利です。なので、初心者よりかは上級者向けの商品と言えるでしょう。

広告募集中